どの債務整理方法を選択するかは弁護士等に相談

どの債務整理方法を選択するかは弁護士等に相談、そして、慎重に判断しましょう。特定調停とは、裁判所に仲裁してもらい貸金業者と金利の引き直しや返済額の減額を交渉することによって、3~5年程度ですべての借金の支払いを終わらせる和解計画を立てる手続きです。同志社大学で法律を学んだ那須良太弁護士と、那須智美弁護士の二人が地域の人たちが抱える問題に答えます。この過払金を、今残っている利息や元本に充当すると、借り入れが殆どなくなったり、場合によっては過払金の額が残債務を上回ってお金が戻ってくる場合があります。個人再生とは、裁判所に申し立てを行ない、借金の額を減らして生活を立て直すことができるようにする手続きです。もし貸金業者が倒産してしまった場合、過払い金の返還は困難になるので注意が必要です。代表を務める稲葉馨司法書士は、簡裁訴訟代理関係業務認定も取得しているので、裁判に依頼者の代理として立つことも出来ます。弁護士が電話や書面にて返還交渉(金額・返還日など)を行います。借金まみれで通帳の中身ゼロの多重債務の自分がウン十万円にもなる弁護士費用を払える道理がない。この過払金を、今残っている利息や元本に充当すると、借り入れが殆どなくなったり、場合によっては過払金の額が残債務を上回ってお金が戻ってくる場合があります。・調停成立後に支払いができなくなると給与等の差し押さえ(強制執行)をされる可能性がある。現在、費用の設定は事務所ごとに自由に設定してよいとされており、各事務所が、それぞれの基準で設定しています。自己破産のデメリットとは